心をこめたお葬式 コーディアルセレモニー

もしもの時のQ&A

  • HOME »
  • もしもの時のQ&A

一周忌までの流れ

ご葬儀の後には、しなければならないことや、手続きなどがたくさんあります。 葬儀終了後 健康保険証の返却、埋葬料・葬祭費の受け取り 公的年金の手続き (企業年金をもらっている場合は、その手続きも忘れずに) 遺言書の確認・遺 …

Q.祖母の7回忌を迎えます。3回忌までは父が取り仕切っていたのですが、今回は私がするようになりました。初めてのことでよくわかりません。服装もどうしたらいいでしょうか。

A.法事の場所は一般には自宅、あるいはお寺か霊園などが多いようです。 納骨は、仏式では四十九日にあたる日の前にお寺、霊園などに納骨の予約をとります。その後、親族、親戚など参列してもらいたい人に知らせます。 その後の法事は …

Q.年忌法要の年がわからなくなってしまいました。どうすればいいですか?

A.「仏式例」年忌法要はできるだけ正確に行う方がいいでしょう。 数え方は命日の年を入れて数えます。 もし年がわからなくなったときは、菩提寺に問い合わせると教えてくれます。また最近では事前に知らせてくれる菩提寺もあります。 …

Q.四十九日にはどのような意味があるのでしょうか?

A.仏教の世界では、死後四十九日間は中有(この世とあの世の中間の世界。中陰ともいいます。)といい、一週間ごとの審判で最後の7週目後の四十九日目の審判で、死者の道が決まるとして、この四十九日を重要視しています。 この日をさ …

Q.散骨の場合葬儀はしなくていいのでしょうか?

A.散骨というのは葬儀をしないと思われがちですが、そうとは限りません。散骨とは遺灰を海や山の自然に帰す自然葬のことで、ご遺骨にするまでは一般的な葬儀を行う場合がほとんどです。また、散骨そのものを葬儀と考えて家族だけで行う …

Q.私は自分の家が気にいっています。死んだ後、自宅の庭に散骨してほしいのですが構いませんか?

A.自宅の庭への散骨については司法の判断は出ていません。 あくまで葬送目的として「相当の節度」をもって行われることが求められています(法務省・厚生省から)。 「相当の節度」というのは、第一に原型が残らないように細かく砕い …

Q.故人の預貯金の名義変更の仕方を教えてください

A.名義変更は遺産分割協議書などを添えて手続きします。 故人の預貯金の名義変更 金融機関に備え付けの「名義変更依頼書」に、故人の住所・氏名、相続人全員の住所・氏名、故人との続柄などを記入して押印し、添付書類とともに提出し …

Q.故人の預貯金は下ろせますか?

A.原則として、名義変更するまで預金は引き出せません。 故人名義の預金の引き出し 金融機関は預金者の死亡を知ると、遺産を保全するために口座を凍結するため、預金は引き出せなくなります。しかし、葬儀費用が必要な場合など故人の …

Q.相続税を期限までに納められそうにない場合はどうすればいいですか?

A.要件を満たせば、延納(分割払い)できます。延納が無理なら物納(相続した財産そのもので納付)という方法もあります。 延納 延納のための要件(すべて満たしていること) 相続税額が10万円を超えること 納期限までに金銭で納 …

Q.車を相続しました。名義変更は必要ですか?

A.車については移転登録手続きが必要です。 車は、土地・建物と同様な扱いになっているため、解体する以外は、遺産分割協議書が必要です(廃車する時も同様)。軽自動車の場合は、世帯全員分の戸籍謄本があればよいので、遺産分割協議 …

Q.故人の土地や株式を相続した場合はどうすればよいのですか?

A.相続した不動産は登記申請をし、株式は名義書き換えをしておきます 不動産の登記 不動産を相続することになったら、所有権移転登記をします。遺産分割協議が相続後すぐにできない場合には、とりあえず相続人全員の共有として登記し …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社コーディアル All Rights Reserved.