心をこめたお葬式 コーディアルセレモニー
もしもの時のQ&A
  • HOME »
  • もしもの時のQ&A »
  • 手続き

手続き

ご葬儀・ご葬儀後は何かと不安なこと、わからないことが多いものです。皆様方から多くいただきました手続きに関する知識とご質問をまとめました。

慌ただしい日々、少しでもお気持ちを楽にお過ごしいただけるよう、皆様方の一助になればと思い、変遷いたしましたのでどうぞご活用ください。

お読みいただき、わからないことやさらに詳細をお知りになりたいことがございましたら、公共機関に音岩瀬いただくか、専門家へご相談ください。

Q.手続き等で実印は必要でしょうか?登録の方法は?

A.遺産分割協議書の作成や相続財産の名義書換の際には、印鑑登録証明書が必要になります。印鑑登録は市区役所・町村役場で行います。 遺産分割協議書の作成の際や、故人の預貯金の解約、不動産の所有権移転登記など、相続関係では印鑑 …

Q. 死亡診断書はどんなときに必要になりますか?

A.公的年金や健康保険、生命保険、損害保険などの手続きの際に必要になります。 死亡診断書は死亡時に病院で発行されます。火葬許可証をとる際に役所に原本を提出するので、一通しかとらないと手元には残りません。保険・年金などの手 …

Q.遺族年金には種類があると聞きましたが?

A.遺族年金には、遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族共済年金の3つがあります。 どの遺族年金を受け取れるかは、亡くなった人の職業によって異なり、遺族年金をもらえる遺族の範囲も決められています。厚生年金加入者の遺族のうち、「 …

Q.故人の戸籍謄(抄)本の請求方法を教えてください

A本籍地の市区役所・町村役場で請求します。遠方の場合は郵送で取り寄せることができます。 戸籍すべての写しを「戸籍謄本」、必要とする個人についてのみの写しを「戸籍抄本」といい、いずれも本籍地で交付されます。本籍地がわからな …

Q.死亡診断書はどんなときに必要になりますか?

A.公的年金や健康保険、生命保険、損害保険などの手続きの際に必要になります。 死亡診断書は死亡時に病院で発行されます。火葬許可証をとる際に役所に原本を提出するので、一通しかとらないと手元には残りません。保険 ・年金などの …

Q.年金の受給者が死亡したときの届け出はどうすればよいのでしょうか。

A.死亡した日から一定期間以内(厚生年金:10日、国民年金:14日)に年金受給権死亡届を出します。 すでに老齢年金を受けている人、老齢年金の受給資格のある60歳~65歳未満の人が死亡した場合は、「年金受給権死亡届」を出し …

Q.健康保険から葬祭の費用が支給されると聞きましたが、 手続きが必要ですか?

A.申告制なので、忘れずに手続きをしましょう。 ●国民健康保険の場合 国民健康保険(国保)の被保険者が死亡した場合は、被保険者の葬儀をとり 行った人に「葬祭費(支給額は自治体によって異なる)」が支給されます。 ●健康保険 …

Q.夫が亡くなり、旧姓に戻ろうと思っています。 子どもの姓と戸籍も変えたいのですが。

A.旧姓に戻りたいときは「復氏届」を役所に出します。 子どもの姓と戸籍を変えたい場合には、「子の氏変更許可 申立書」を家庭裁判所に出します。 配偶者が死亡すると、婚姻関係は解消され、「復氏届」を出すと、旧姓に 戻ると共に …

Q.世帯主の夫が亡くなりました。届け出が必要でしょうか?

A.「世帯主変更届」の届け出が必要です。 旧姓に戻りたいときは「復氏届」を役所に出します。 子どもの姓と戸籍を変えたい場合には、「子の氏変更許可 申立書」を家庭裁判所に出します。 世帯主が死亡した場合は、住民票のある役所 …

一周忌までの流れ

ご葬儀の後には、しなければならないことや、手続きなどがたくさんあります。 葬儀終了後 健康保険証の返却、埋葬料・葬祭費の受け取り 公的年金の手続き (企業年金をもらっている場合は、その手続きも忘れずに) 遺言書の確認・遺 …

PAGETOP
Copyright © 株式会社コーディアル All Rights Reserved.