A.さまざまな諸事情で葬儀に参列できないときは、早めにお香典を郵送しておきましょう。その際には、お悔やみと参列出来ないおわびの手紙を同封しましょう。

お悔やみの手紙は、基本的に、故人の死を悼み、残された家族を慰めるためのものです。あまり形式にとらわれる必要はありませんが、いくつか決まりごとがありますので、注意して書きましょう。・前文は省略して主文から始めます。・忌み言葉は避けましょう。・葬儀に出席できない理由を必ず入れます。