米中摩擦の直接的なマイナスの影響を被る日本企業は、「米国による対中制裁関税」に苦慮するケースが多い。価格競争力低下で米国向け中国生産分を移管する動きもある一方、サプライチェーン見直しの難しさなどから踏み止まるものも少なくない。 ドル・円反落、米中懸念でリスク回避-ポンド下げ渋り、通商交渉注視 小宮弘子 2020年12月7日 12:14 JST 更新日時 2020年12月7日 15:11 JST 鉄鋼株はもちろん、海運株や自動車株に大きく影響が出ると予想されています。それらの中から2社について株価を調べてみました。 話題の最新作からロングセラーまで。株主優待でゲットしちゃおう! 今回は、日本株にも大きな影響を与える米国株市場の2018年の動向と、2019年の注目ポイントについて見ていきます。 2018年の米国株市場は10月までは堅調に推移していましたが、米中貿易摩擦による懸念から直近の2ヶ月でダウ平均株価は大きく下落しています。 アメリカ政府が、中国の通信機器大手ファーウェイへ政府の許可なく電子部品などの販売を禁止したことで、日本の携帯電話会社がファーウェイ製のスマートフォンの新規販売を見合わせる決定をしました。これをきっかけにして、これまで対岸の火事だと思い興味が薄かった米中貿易戦争を身近な問題だと感じた人が多いはずです。 米中貿易戦争は2018年初頭に米国側の動きで始まり、今日に至るまで解決をみないまま膠着状態 … . 米中貿易摩擦で工作機械受注が減少!株価には悪影響か? 2019年8月2日 16:00 news, コラム記事 多田 幸大 This does not include the 250 Billion Dollars already Tariffed at 25%…, その後、閣僚級の会合が継続されていた中、2019年12月14日に米中の貿易交渉は第1段階の合意に達し、アメリカ政府は中国の輸入品に上乗せしている関税の一部を引き下げると発表しました。, 米中の貿易交渉は、中国による農産品の購入や知的財産権の保護などの分野で第1段階の合意に達し、トランプ政権は去年3月に中国に対する関税措置を発動して以来初めて、関税の一部を引き下げると発表しました。, 背景として、来年の大統領選に向けたトランプ大統領の思惑があります。中国との合意に至ったという事実を成果としてアピールし、選挙戦での支持に繋げたいという狙いがあります。, いずれにせよ、この合意を受け、米中貿易摩擦への懸念が和らぎ、株式を始めとする世界の金融市場は落ち着きを見せています。, ただ今回の合意については、米国による関税引き下げの規模がまだ定まっていません。合意内容が明らかになるのは、2020年1月になる見込みで、それまでの間に両国間の見解の相違が表面化する可能性は存分にあります。, OECDの2018年末時点の試算によると、もし米中が第4弾の追加関税措置を発動した場合、2021年にかけてアメリカは▲1.1%、中国は▲1.3%、世界は▲0.8%GDPが下落する、と予測されています。, またBank of Americaのチーフエコノミストは、中国の成長率が6%を割り込み”悲惨な成長環境”に陥る、との予想を出しています。, 内閣府から、貿易摩擦の影響によって米国の消費者にとって物価高による負担が重くなるとの分析が発表されています。消費の重しとなり、経済成長の停滞を招く可能性があります。, 内閣府は26日公表した報告書「世界経済の潮流」で、米中貿易摩擦の影響を検証した。米国による追加関税品目のうち、中国からの輸入製品が占める割合(対中依存度)は発動済みの第3弾までで2割、検討中の第4弾で4割に達する。中国以外の国や地域からの輸入で代替する難しさが増すうえ、携帯電話など生活に身近な品目も増え、米国の消費者の負担が重くなると分析した。, 実態として、2019年4-6月の米国GDP成長率は2.1%となり、1-3月の3.1%から減速しています。輸出の減少が大きな要因です。, 長引く米中貿易摩擦の影響を受け、2019年4-6月期のGDP成長率が6.2%と1992年の観測史上で最低水準となりました。直前の1-3月期から0.2%縮小しています。, 工業生産は自動車や半導体の生産が不調に終わりましたが、米国が追加関税を課していることから輸出関連製品の生産量が落ちていることが原因です。実際に、輸出は前年同期対比で▲1.3%減少しています。, 1点目は、中国国内経済の景況悪化です。中国の対米輸出が関税引き上げによって減少することで、中国企業の業績悪化⇒中国国内の景気悪化が起こります。, これにより輸出関連企業を始めとして日本企業の中国における業績が停滞する可能性が高まります。, 中国に生産拠点を持つ日本企業は多く存在します。中国から米国への輸出に関税がかかると、日本企業が中国で生産した製品の対米輸出が減少します。, 特に影響が大きいのは、日本を代表する産業である自動車業界です。トヨタを始めとする自動車業界の業績が悪化すれば、国内経済への悪影響も予想されます。, 3点目は、世界的な企業投資の減退です。世界で最大級の市場を誇る中国の景気が悪化すれば、先行き不透明感から世界中の企業が設備投資等の投資を控える可能性があります。, 世界経済の成長に停滞をもたらす米中貿易戦争の影響は、株式相場にネガティブなインパクトを及ぼしています。, 特に、直接影響を受けるアメリカのダウ平均株価が大きく動いたのは、2018年2月と2018年12月です。日経平均も連動するように下落しました。, 貿易戦争への懸念が顕在化した2018年2月~3月に、上り調子だったダウ平均株価が変調します。, 特に、2月2日の始値:26,129ドル⇒2月5日の終値:23,989ドルとたった2営業日で▲8.2%も下落しました。, また2018年12月には、12月4日の始値:25,586ドル⇒12月31日の終値23,313ドルへ▲8.9%も下落しています。, 2019年12月に米中間で第一段階の合意に達しており株式市場は好感、米国ダウや日経平均株価も年初来高値を更新しました。, しかしながら、先行きは不透明感が未だ漂っており、今後、戻す局面もあるでしょうが、貿易摩擦問題がさらに加速すれば、ダウ平均株価をはじめ株式市場はネガティブに捉える可能性が高いでしょう。, 海外メディアやアナリストの間では、株式相場への悪影響を示唆するコメントが拡がっています。. アドバンテスト(6857) 米中対立の影響は想定よりも軽微に。 今期予想を上方修正 最終更新 2020/11/16 08:53 国内 株式マーケット 企業決算・業績 企業価値研究所 注目銘柄 アナリストレポート … この記事を見ると具体的にどの銘柄が米中ハイテク戦争によって影響を受けているかがわかります。. 「老後2000万円問題」が取り沙汰され、将来の生活に対して危機感を持っている方も多いでしょう。私は、将来的な資産形成のために、積立投資は絶対にやるべきだと考えています。, ほんの一握りの富裕層を除き、会社勤めなどの本業からの収入のみでは将来的に生活が困窮するのは目に見えています。, 私自身も、独自の積立投資手法を確立・実践して着々と利益を積み上げています。実績と共にその概要を以下の記事で解説していますので、宜しければご覧下さい。, 最近では、優れた運用パフォーマンスを誇る商品や100円単位で手軽に始められる商品サービスが存在しており、積立投資で利益を上げられる可能性やアクセスが向上しており、積立投資を開始する絶好のタイミングです。, 以下の記事では、必ずやあなたの資産形成の一助となる、パフォーマンスに優れつつも手軽に開始できる積立投資の商品・サービスを紹介しています。資金面で将来に不安を抱いている方は、ぜひご一読頂けると幸いです。, 著名な投資家ブロガーが参加している投資家ブログまとめメディア「Betmob」。本ブログも参加させて頂いています。, 有力な投資家のブログで公開されている投資戦略や実績がまとめてチェックできる、個人投資家の方々におすすめのメディアです。, https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/05/60025.php, https://edition.cnn.com/2019/05/05/politics/trump-china-additional-tariffs/index.html, 米国は段階的に関税を引き上げしており、第4弾関税引き上げ(3,000億ドル分)まで視野に入れていた, 2019年12月14日、米中間で第一段階の合意に達し、引き上げしていた関税の一部引き下げを発表, 貿易摩擦問題の長期化は日本経済を含め世界経済の成長に停滞をもたらし、株価に悪影響がある可能性. 日本の影響が出そうな業界 . 米中貿易戦争は今年6月、米国が知的財産権侵害の制裁として中国からの輸入品500億ドルに追加関税を課す方針を打ち出したことが発端となりました。 500億ドルは、中国の実質国内総生産9兆5000億ドルから見ると、軽微との見方が多いのですが、米国の狙いは、制裁の金額的多寡よりむしろ、実質的な中身にあるといえます。 というのも、追加関税率は25%ですが、その対象は、航空機や産業用ロボット、半導体などハイテク製品を含む818品目があげられています。すなわち、中国の戦略的先端技術を狙い … 今回のアンケート調査は3月25日(月)~3月27日(水)の期間で行われました。年度末でもあった2019年3月末の日経平均は2万1,205円で取引を終えました。月足ベースでは3カ月ぶりの下落に転じてしまいましたが、前月末終値(2万1,… 2.1 アメリカは過去最高の貿易赤字を記録; 2.2 追加関税をかけ合い米中でチキンレースが繰り広げられる 米中貿易摩擦の株価への影響『g20の交渉内容で考えられるシナリオ』 まず、米中貿易摩擦が始まったことにより、円高が進みました。 基本的には、 円高 は株価に マイナス の影響があります。 ・円高 ⇒ 株価下落 ・円安 ⇒ 株価上昇 Trump’s comments could rattle markets on Monday after the stock market has been in full swing following surprising first quarter GDP growth and a strong April jobs report. 米中貿易戦争の影響を受けやすい米国株銘柄. 米中貿易摩擦がこのまま激化した場合、日本への影響はどうなるのかを簡単に解説していきます!貿易摩擦を中心に日本と海外との関係をわかりやすく解説! 米中ハイテク戦争の株価への影響について nonyoku 2020年9月15日 今回は米中ハイテク戦争が米国株に与える影響について考えたいと思います。 ボーイングは今年の3月以降、新型航空機737Maxによる事故とその後の生産停止の影響で株価は下落基調でした。 「バイドゥ」は検索サービス、「アリババ」はEC最大手、「テンセント」はSNSなどのコミュニケーションサービス「ファーウェイ」は通信機器製造大手とそれぞれがGAFAと同じようなサービスを提供しています。, これは中国が米国企業を締め出し同様のサービスを模倣、コピーし自国で発展させるという戦略を展開していたからであり、米国がこの技術流出に反発するのは自然な流れだと考えます。, 米国が危機感を抱いたのはファーウェイからはじまる通信技術の覇権争いです。5Gと呼ばれる通信規格の普及によりモバイル通信は激的に高速化し、通信設備などのインフラをおさえられてしまうと先端技術や安全保障上の重要情報などの流出リスクが出てきました。, 米国はこれ以上の技術の窃盗に危機感を抱いて世界的に同盟国を巻き込んで自由主義経済からの締め出しに奔走しています。, 安全保障の観点から政府調達にファーウェイに機器を除外する方針を示しました。これに追随するように同盟国にもクリーンネットワークの名目で5Gの通信設備の導入の制限に動きました。最初からデカップリング(切り離し)に大きく賛同する国は一部でしたが2020年の香港人権法案の可決により旗色が変わってきます。, 徐々に欧州やインドなどを巻き込んで米国に同調する国が増えてきています。またGoogleのスマートフォン向けのOS(オペレーティングシステム)の更新停止もファーウェイ製のスマートフォン端末の普及に水を差す事態になりました。, ここまでで株価に与える影響は2018年の12月にはこの米中のデカップリングを要因の一つに大きく株価を下げました。, この流れの中で米国は米国先端技術を搭載する半導体のファーウェイへの提供を禁止する措置を発動させます。これは半導体セクターに大きな影響を与えました。米国の半導体企業は台湾のTSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング※半導体受注大手)に製造を委託しています。米国はこのTSMCに圧力をかけファーウェイへの提供を禁止しました。ちなみにTSMCの顧客にはApple、NVIDIA、Qualcomm、AMD、HiSiliconなどの名だたる半導体メーカーが名を連ねています。, 中国は事前にこの動きに合わせて自国に中芯国際集成電路製造(SMIC)と呼ばれる半導体製造企業を立ち上げていますがこの会社の技術はTSMCに比べて数年遅れるほどの技術差があります。, このことから米国は台湾の半導体技術の中国からの切り離しに成功しました。しかし技術流出の懸念はまだ残ります。, そしてこの締め出しの動きはSNSやアプリケーションにも飛び火します。中国ハイテク企業バイトダンスが運営する短時間の動画コンテンツ配信サイト「TikTok」の利用禁止及び米国企業への売却契約の締結へ圧力を強めています。, これにより売却先企業であるOracleや候補企業であったMicrosoftとWalmartの株価に影響を与えています。, これらはすべて関連していますし米国は一貫した戦略のもとこれを実行していると考えられます。株価への影響としてはGAFAMやNVIDIA、Teslaなどの大型株から小型株まで中国のサービスに関わる企業全般です。, 上記が今までの流れです。今後も株価に与える影響は高いため定期的に確認することをおすすめします。, このサイトは投資が好きなくまさんがが収集した情報をわかりやすい形にして配信するサイトです。, 推し銘柄はバンガードS&P500ETF(VOO)やバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)です。他に米国高配当株や成長株、日本の個別株の情報も集めています。, 当ブログに掲載されている記事の内容につきましては、正しい情報を提供することに務めてはおりますが確実性を完全には保証できません。サイト内の記載情報を利用することで被った損害などにつきましては、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 投資行動の勧誘・助言を目的として記載しているものではありません。投資は自己責任ですので実際に投資をする際にはご自身の判断と責任において行うようにお願い致します。, https://yokubear.com/wp-content/uploads/2020/07/title_head_2_4.png, ファーウェイはソフトウェアもハードウェアも調達できない。→AppleやTSMC・NVIDIA等に影響, TikTokとOracleの提携発表→Oracleに好材料・MicrosoftやWalmart、FastlyやZOOMなどの株価に影響. 1.ボーイング. 1 米中貿易協議の行方や株価・為替への影響は?. 知の広場|米国トランプ大統領が打ち出した、中国の輸入品に追加関税を課す計画は、株式市場を大きく揺さぶった。全面的な貿易戦争の結末として、なぜ通商関係が変化するのかまとめた内容や (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 米中対立の構図は2016年から始まる米国と中国の貿易赤字に対する米国側の不満から始まりましたが、これは膨張する中国経済を抑え込まないと世界の潮流が変わってしまうという米国の危機意識から来ています。, この構図を理解することは現在のアメリカの株式市場の流れを理解するのに非常に役に立ちます。 Patrick Chovanec, chief strategist at Silvercrest Asset Management, warned that Trump’s move could disappoint investors and push -markets down. 「グーグル」「アップル」「フェイスブック」「アマゾン」の頭文字をとった造語で米国の巨大テック企業の代表格です。, これに対してBATHは中国の「バイドゥ」「アリババ」「テンセント」「ファーウェイ」の4つの企業の頭文字でそれぞれ 1.1 中国への関税引き上げを延期したアメリカ; 1.2 米中貿易協議はいつ決着が着くのか; 2 米中貿易戦争とは?. 美容品関連の株主優待のおすすめ銘柄一覧5選! なぜなら米国の主要なIT産業や半導体産業はこの影響を大きく受けていてこの構図の中で株価が大きく上下に変動するからです。 コンテンツ. シルバークレストアセットマネジメントのChovanec氏は「トランプ大統領のこうした動きは、投資家を失望させ市況を悪化させる可能性がある。2018年の第4四半期は、より高く幅広い関税は市況を悪化させる一つの要因だったがその後、市場では貿易戦争のこれ以上の加速を回避する可能性を信じてきた。」と述べた。. 日経平均株価もダウ平均株価と連動して下落しています。 まとめ :今後の動向予測。当面は影響が少ない? 2019年12月に米中間で第一段階の合意に達しており株式市場は好感、米国ダウや日経平均株価も年初来高値を更新しました。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 積立投資は、少額から投資が可能で時間的分散投資によってリスクを低減できるので、投資の初心者や資産形成をしたい方には非常におすすめです。, 私が資産の一部を振り分けて独自に実践しているおすすめの積立投資手法は、以下のようなメリットがあり、素晴らしく有用な手法だと思っています。, 以下の記事では、証券会社の画面コピー等の証拠付きで実績や手法の詳細をご紹介しています。宜しければぜひご覧ください!, 積立投資の独自手法・実績をブログで大公開中!【投信・ETF・米国株の積立で稼いでます】, 株式投資を実践する方は、株ブログを運営することを強くおすすめします。株ブログは需要がある中で独自コンテンツを作成し易く、収益額も高くなる傾向があるため、魅力的です。, 私自身、株ブログを運営することで、月に6桁の安定収入を獲得しています。誰でもノーリスクで始められ、稼いだ金額は投資資金にもなりますし、配当金のように定期収入が発生します。ご興味がある方は是非、下記の記事をご一読下さい。, 【2020年のコロナ相場でどうする?】株式相場の大暴落トリガーとなりうる4つの要因と5つの対策, 元金融マン×外資系戦略コンサルタント。プロフェッショナルとして株を中心に投資について分析・考察記事を書いています, ツイッターでブログ更新情報、有益な投資情報を呟いています(個人的な呟きも含む)。現在3000名以上方にフォローして頂いています。宜しければ是非フォローお願いします!, 低位株(ボロ株)のおすすめ一覧!一攫千金が狙える厳選15銘柄【2020年コロナ禍で魅力増大】, 2020年のテンバガー(10倍株)候補一覧!厳選10銘柄【コロナ影響下で魅力増大】, 2020年「アフターコロナ」で魅力が増す米国株のおすすめ29選!【テンバガー候補・成長銘柄・バリュー株・高配当株】, 5G関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込める企業10選【アフターコロナで魅力が増すテンバガー候補】, AI(人工知能)関連銘柄の本命株!2020年に株価上昇が見込めるおすすめ15選【コロナウイルス相場で魅力増大】, 2020年コロナ相場で魅力が増す高配当株のおすすめランキングベスト11 - "超"厳選銘柄, 2021年の投資・株式市場で考えるべきトレンドは何か?【バイデン大統領・COVID19・旅行業界・外食】, 【好材料で上昇期待】明日2020年12月8日(火)の注目銘柄5選!話題株:日本駐車場開発 ・メディアシーク ・アイル ・楽天 ・バローHD, 【好材料で上昇期待】2020年12月7日(月)の注目銘柄5選!話題株:東芝・デンソー・フリー・大真空・エイベックス, 【好材料で上昇期待】明日2020年12月4日(金)の注目銘柄5選!話題株:ショーケース ・三光合成 ・ピープル ・ディー・エル・イー ・日本テレビホールディングス, 美容品カタログギフト関連の株主優待でおすすめ銘柄一覧5選!お好みの美容品をよりどりみどり!お好みの銘柄をチェックしよう, 【好材料で上昇期待】明日2020年12月3日(木)の注目銘柄5選!話題株:オプティム・JMDC・三菱UFJ FG・トヨタ自動車・ミライトHD, 【好材料で上昇期待】明日2020年12月1日(火)の注目銘柄5選!話題株:ケアネット ・サンバイオ ・アドウェイズ ・ジェクシード ・みらいワークス. 新聞やテレビニュースを賑わせていますが、以下のように感じている方も多いのではないでしょうか?, 「何だかおおごとみたいだけど何のことか良く分からない…」「ずいぶん長く続いているけど、そもそもどんな経緯だったか良く覚えていない」「結局、相場にどんな影響があるの?」, この記事では、2018年7月から追加関税措置が発動し本格化している米中貿易摩擦について、その経緯や市場への影響を分かりやすくまとめ、お伝えします。, 2019年5月5日には、トランプ大統領がTwitter上で、追加関税の第3弾で10%の課税を課していた2,000億ドル規模の中国輸入品に対する税率引き上げを示唆しました。, 中国はその報復措置として、6月1日付けで輸入品約600億ドル(約6兆5000億円)相当に対して25%を上限に引き上げました。, 一方で、6月末のG20サミットでは、再び米中による協議を再開することで合意しました。またファーウェイへの制裁も一部緩和が発表され、世界の株式市場は一連の動向を好感しました。, しかし7月末から協議が継続する中、トランプ大統領は追加関税第4弾として、中国製品3,000億ドルに対する10%の関税引き上げを9月から発動させる旨、発表しました。, その後、閣僚級の協議が重ねられ、貿易交渉は12月14日に第一段階の合意に達し、米国政府はこれまで中国の輸入品に上乗せしている関税の一部引き下げを発表しました。, この合意を受け、世界中の株式相場を始めとする金融市場は一旦の落ち着きを見せています。しかしながら、両国間の合意への認識に齟齬が見られ、貿易をめぐる対立が緩和に向かうのかは不透明です。, 貿易摩擦の経済や市場への影響を考えると貿易戦争の動向は目が離せず、引き続き注視が必要です。, 米中貿易摩擦は、2017年1月にアメリカ大統領に就任したトランプ氏が中国に対し、貿易不均衡是正のために仕掛けた外交戦略の一つです。, アメリカと中国の貿易問題であり、両国間で是正のための協議が進んでいたものの、遂に2018年から両国間で追加関税をかけ始めたことが原因で泥沼化しました。, つまり、経済が急拡大を続ける中国と19世紀から世界に君臨する王者である米国の覇権争いと言えます。, 要するにトランプ大統領がアメリカの貿易による利益を増やそうとして中国にケンカをふっかけている、ということになります, 貿易摩擦におけるアメリカ側の主張は、中国経済に対するものと政治体制に対するものの大きく2つに分かれます。, こうした建前を元に、アメリカから中国へ仕掛けるかたちで米中貿易摩擦の火ぶたは切って落とされます。, そもそもの火種は、トランプ大統領が勝利を収める2016年の選挙期間中から存在していました。, この時期からトランプ大統領は、アメリカと中国との間での貿易摩擦を大きな問題として言及しています。, 2017年、トランプ大統領の当選後、習近平国家主席との米中首脳会談が行われ貿易不均衡を是正するための「米中包括経済対話メカニズム」が立ち上げされるも進展を見ないままにとん挫しました。, 1月にアメリカが「太陽光発電パネル」や「洗濯機」に追加関税の発動を発表したことを皮切りに、貿易戦争の様相を呈していきます。, 3月にはアメリカが追加で「鉄鋼」「アルミニウム製品」に追加関税を実施する旨を発表。, これに対し、中国はアメリカから輸入する128品目の製品へ追加関税を課す報復措置を公表します。, しかし6月、アメリカは同年7月から中国からの輸入製品1,102品目に対して翌月から500億ドル(およそ5兆円)規模の追加関税を課すと発表します。, 2018年7月、アメリカはついに818品目・340億ドルの輸入品に対して追加関税措置を発動し、中国も追随し同規模の報復関税を課します。, 続いて9月には第3弾が発動。アメリカが5745品目・2000億ドル規模の輸入品に、中国が5207品目・600億ドル規模の輸入品に対して追加関税を課します。, 更に11月にはトランプ大統領から全品目・2670億ドル規模を対象にした追加関税第4弾の実行が示唆されます。, 米中首脳をはじめ政府間で会合が継続されますが2018年中には完全合意には至らなかったものの、12月には経済制裁や報復関税を「休戦」することで合意します。, 2月末には、トランプ大統領から元々3月から発動と宣言していたアメリカによる報復関税第4弾を延期すると発表されます。, 4月末にかけては、 制裁関税の撤廃時期や合意内容実行のフレームづくりで詰めの協議を実施する、との見通しが報道され貿易戦争の緩和期待が高まりました。, 期待の高まりとは裏腹に5月5日、トランプ大統領はTwitterで、中国からの輸入品2,000億ドル分に課している追加関税率を10%から25%へ10日に引き上げる方針を示唆しました。, トランプ大統領は、協議の進展が「遅すぎる」と不満を漏らし、関税引き上げの脅しをかけました。, 更に追い討ちをかけるように残りの輸入品に対しての関税を引き上げる手続きに入ったとしていました。, 報復措置として、600億ドル規模の米国輸入品に対し、6月1日付で追加関税を最大10→25%へ引き上げました。, 対象は米国輸入する5140品目、追加関税の調整は、米国の一国主義と保護主義への対応。米国が二国間の貿易および経済協議の正しい軌道に戻り、中国に歩み寄ることを望む, 米国による追加関税強化、中国による報復措置のスパイラルが続いており、貿易摩擦はエスカレートの一途をたどっていました。, 要するに米国が関税を少しずつ上げていくのに対し、中国が仕返しで関税を上げていくということが繰り返し起きている、という状況が続きました, 一方で、2019年6月末に大阪で開催されたG20首脳サミットにおいて、米中の首脳会談が行われ、米中貿易摩擦の協議を再開する旨が合意されました。, またトランプ大統領から中国の通信機器大手ファーウェイに対する制裁を緩和する方針も公表されます。, 2019年7月の最終週から、北京にて対面での閣僚級の協議が再開しました。当時も協議が再開される旨が大きく報道されています。, 米政治専門メディアのポリティコは22日、米中両政府が来週、北京で閣僚級貿易協議を再開する方向で検討していると報じた。, 対面交渉が再開されれば、6月末に貿易戦争の「一時休戦」を決めた米中首脳会談後では初めてとなる。中国の産業構造改革や貿易不均衡の是正などをめぐり、交渉の進展が焦点となる。, 対面での協議で進展が期待されていたものの、米中による協議が難航することは想像に難くなく、貿易摩擦問題は更に長期化する懸念が高まります。, そうした中で、7月末から協議が継続する中、トランプ大統領は追加関税第4弾として、中国製品3,000億ドルに対する10%の関税引き上げを9月から発動させる旨、発表しました。, …during the talks the U.S. will start, on September 1st, putting a small additional Tariff of 10% on the remaining 300 Billion Dollars of goods and products coming from China into our Country. 実際にトランプ政権がどの分野に対して締め付けを強めているのかは今後の株価を考えるに当たり重要だと思います。, 米中対立を語る上で基礎知識としてとBATHについて理解する必要があります。GAFAについては皆さんご存知かと思いますが “The prospect of higher and broader tariffs was one factor that drove markets down in the fourth quarter of 2018, but markets have since come to believe that some sort of deal was imminent to avoid them,” Chovanec said. 米中対立激化と日本株への影響 市川 雅浩 , 三井住友DSアセットマネジメント株式会社 調査部 2019.9.3 マーケットレポート 本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供する「市川レポート」を転載したものです。 トランプ大統領のコメントは、好調だったGDP成長率と雇用統計の結果の後で上昇した株式市場を揺るがす可能性がある。, 中長期的にネガティブなインパクトが大きいはずの米中貿易戦争の動向は予断を許さず、株式市場への影響とともに注視が必要です, ちなみにですが米中貿易摩擦の相場への影響は、トランプ大統領のツイートが発端になっています。「トランプ砲」と呼ばれていますが、その威力を測定してみました。ぜひご一読ください。, また、米中貿易摩擦によって市況が悪化している中でも、株価が上がる銘柄が存在します。具体的な銘柄を以下の記事でご紹介していますので、良ければご覧ください。. もしかしたら米中両国だけでなく、世界経済にとって良くない方向に進んで行ってしまうかも知れません。 それと日本にもトバッチリが飛んでくる可能性もありますよね。それ次第で日本の経済や株価にもかなりの影響が出る可能性もありますよね。 まとめ . こんにちはくまさんです。今回は米中ハイテク戦争が米国株に与える影響について考えたいと思います。, 米中対立が益々深まる中、現在世界がどのように動いているのかを考えてみました。 アングル:ソフトバンクGに米中リスク浮上、アリババ株に影響も 。ダイヤモンド・チェーンストアオンラインではマーケター・経営者様必聴のセミナーや分析データ、その他小売・流通業界の最新情報を … 経済と株価への影響は? 米中貿易摩擦のニュースにより、株価が上下に振られるケースが多いのですが、今後長期的に見ていった場合は楽観視出来ない状況と考えています。