【皐月賞. 2020/結果】 『第25回. 皐月賞は2020年4月19日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2020年で第80回を迎え、昨年はサートゥルナーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。 2020年菊花賞の最終予想です。今年の菊花賞はコントレイルがクラシック三冠を狙うだけではなく、先週のデアリングタクトの牝馬クラシック三冠に続く二週連続の大記録がかかっています!これは競馬ファン以外にも届くニュースになると思うので大注目です! 数字 とは・・ 」 8. 激しい競り合いの末にコントレイルが無敗のまま第一冠制覇! play. 天皇賞秋・G1』 が、2020年.11月1日(日曜日)に、東京競馬場.芝2000m.で行われました。 1着馬は、1番人気アーモンドアイ(C.ルメール騎手)。史上初となる芝G1・8勝目を … オールカマー 2020 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】 投稿日: 2020年9月27日 【オールカマー. このブログは、重賞レースの単複候補を、毎週まったり発表している競馬予想ブログです。, 『皐月賞』とは、ダービー・菊花賞と続く『3歳牡馬クラシック三冠競走』の初戦にあたるG1レースですね。2018年より、5着迄の馬に『ダービー』への『優先出走権』が与えられています。, アメリカンシードの1週前追い切りは、坂路で一杯に追われて4ハロン53・2―38・9―12・7秒。手応え劣勢ながらしっかり併入に持ち込んだ。馬体の張りも悪くなく順調そのもの。, 「前走(若葉S=3着)は直線で外の馬にぶつかり、内によれてブレーキをかけていた。それでも最後は伸びているし、能力が高いのは間違いない。難しいところのある馬だけど、真っすぐ走ってくれれば楽しみもある」, ヴェルトライゼンデの1週前追い切りは、池添騎乗でウッド6ハロン81・7―37・8―11・9秒。テンから飛ばしてラストも一杯に追われる意欲的な攻め。反応も良く叩かれての良化は顕著。, 「前走後に初めて長めから追った1週前追いは上積みを感じる動きだった。前走(スプリングS=2着)は休み明けとしては悪くない内容。鞍上(池添)は『千八は少し短い』と言っていたので距離延長はプラス。どんな競馬にも対応できるし、この器用さが今回の舞台でも生きると思う」, ヴェルトライゼンデは、トライアルのスプリングSで1番人気に支持されながら2着に敗れた。陣営はひと叩きしての変わり身に期待した。, 「勝っていれば申し分なかったけど、休み明けで少しモタついたし、1800メートルの距離も短かったみたいだね。1週前にしっかりと追い切ったので、直前は軽くやるだけになると思うが、前走よりも良くなっているし、距離が延びるのもプラス。器用さを生かす競馬ができれば」, ヴェルトライゼンデは、池添を背にウッドで僚馬バイマイサイド(古馬3勝クラス)と併せ馬。仕掛けてからの反応は良く、ゴール前できっちりと前に出て先着でフィニッシュ。ラスト1ハロン12・0秒(6ハロン84・4―39・4秒)と鋭く脚を伸ばした。陣営は立ち回りの良さを武器にVを狙う。, 「前走スプリングS=2着)で勝っていれば申し分なかったが、休み明けの分、少し反応が鈍かった。ジョッキーも言っていたけど、距離も短かったようだね。中間は在厩でしっかりと調整できているし、上積みも見込めそう。どんな競馬でも対応できる器用さが、この舞台でも生きると思う」, 若葉S2着から本番へ挑むキメラヴェリテは、藤岡康騎乗で坂路単走。直線はチップを蹴り上げてダイナミックなフォームで4F53秒2をマークした。, 「満足のいく動きでした。前走後はすぐに疲れが取れて、いい体つきになった。いい状態で本番へ出せます。途中からでもハナへ行く。天気が崩れるのはいいと思う」, コルテジアの1週前追い切りは、ウッド6ハロン82・5―38・5―11・8秒。馬体は大きく変わっていないが、力強い脚さばきで駆け抜けた。気合も乗り好気配続く。, 「前走(きさらぎ賞=1着)はいい脚を使ってくれました。中間は馬体も増えて良化しています。落ち着いているので輸送も大丈夫でしょう。相手は強力ですが、ここでどんな競馬をしてくれるか楽しみです」, きさらぎ賞勝ちのコルテジアは、CWコースの3頭併せで6ハロン86秒2-12秒2。一杯に追われて、真ん中から抜け出し最先着した。, 昨年末のホープフルS勝ち以来の実戦に挑むコントレイルは、1週前のウッド3頭併せで余裕をもって先着。, 「しっかりと負荷をかけられたし、動きそのものも良かった。本当に順調だね。最終追い切りはサラッとやるくらいで十分だろう。欲を言えば、もう少し馬体重が増えてほしいところなんだが、そんな馬なので休み明けは気にならない。本質的には合っているとは思わない。府中向きの馬だと思う」, 東京スポーツ杯2歳Sを5馬身差のレコードで制し、続くGIホープルフルSも危なげなく勝利した無敗の2歳王者コントレイルは、坂路で単走追い。最後にサッと脚を伸ばして4ハロン52・9―12・4秒。微調整の内容ながら動きは躍動感にあふれ、一方で我慢するところでは我慢ができていた。素軽いフットワークで坂を駆け上がり、“あとは競馬で”と言わんばかりの余力十分のフィニッシュに、陣営は期待馬の成長を強調するとともに厩舎初の皐月賞制覇へ自信を見せた。, 「指示通りの内容で折り合い、反応とも非常に良かった。体重はあまり変わっていないが、それでも中身が詰まってきた印象がある」, 「今週の坂路はチップの入れ替えでタフなコンディションだったけど、十分な動きとタイムだった。レースに向けてきっちり態勢は整った」, マイラプソディの1週前追い切りは、武豊を背にウッド6ハロン81・4―37・0―12・0秒。2頭の内に潜ってスムーズな加速。少し遅れたが、手応えは楽なまま。身のこなしも柔らかで状態面の不安は皆無。, 「順調に乗り込んでいます。見た目の完成度は最初から高かった馬ですから、そう変わった感じはしません。勝負どころで置かれてしまう面が中山でどうなのか…。普通に回れるようならチャンスもあると思います」, 前走の共同通信杯は、単勝1・5倍の圧倒的支持を受けながらも4着敗戦。期待を裏切ったマイラプソディだが、2歳時には無傷の3連勝を飾っており、特に重賞制覇となった京都2歳Sで見せた直線での爆発的な加速は文句なし。世代屈指の能力馬がクラシック本番で巻き返しを狙う。この日は坂路で3歳1勝クラスと併せ馬。力強い脚取りで追走すると、最後は目一杯に追われてアタマ差先着。ラストは力強く1ハロン12・9秒(4ハロン54・4秒)をマークした。陣営は本番での課題を挙げる。, 「1週前にしっかり負荷をかけたので、馬体はほぼ仕上がっている。前走は内を通った馬が残る馬場だったので、外は厳しかった。勝負どころの反応が鈍いところがあるので、中山2000メートルでは3コーナーでふかしていかないと間に合わない。そういう競馬ができるかどうか」, ラインベックの1週前追い切りは、ウッド6ハロン83・4―38・8―12・2秒。3歳オープンのジュンライトボルトに1馬身遅れた。少し間隔が空いたせいか、直線反応はひと息だった。, 「以前は非力で線の細さを感じていたんですが、トモがしっかりしたことでバランスが良くなり、それに伴って精神面も大人になった気がします。詰めの甘さがある馬なのでスタミナが生きる流れが良さそうですね」, ラインベックは、若駒S3着以来で、約3カ月ぶりになるが仕上がりはいい。芝コースの3頭併せで6ハロン82秒1-12秒1。内のメラーキ(3歳1勝クラス)に3馬身先着し、外のデゼル(3歳1勝クラス)に馬なりで併入した。, 「動きは素晴らしかった。気を抜くところがあるけど、その辺りはジョッキーが分かっていると思う。(勝ちち切れない面はあるが、デビューからの5戦はオール掲示板)うちの3歳世代の中でも体力、気力はあるが、競馬で能力が発揮できていない。100%出せれば成績はもっと良くなると思う」, レクセランスの1週前追い切りは、ウッド6ハロン82・7―38・2―12・1秒。3頭併せの真ん中で内の馬とともに先着した。大きな上積みこそないが、力強いフットワーク。高いレベルで状態は安定している。, 「1週前追いでは折り合いに問題なく、いい動きを見せていました。まだ弱い部分を抱えながらもこれだけ走れているし、レースを使うごとに成長も感じています」, レクセランスは、北村友を背に古馬1勝クラスとウッドで併せ馬。大きく先行した僚馬を活気ある走りで追走して、最後は余力十分に半馬身先着でフィニッシュ。ラスト1ハロン12・4秒(6ハロン81・7―39・0秒)をマークして、仕上がりの良さを印象づけた。陣営は無傷の4連勝に向けて期待を込めた。, 「帰厩したころはまだピリッとしていない感じだったが、(今朝は)いい動きを見せていた。前走(すみれS)は展開が向かない中で差し切ったように力はあるので、あとは多頭数をどうさばけるか。まだ一線級とはやっていないので、このGIがいい経験になると思う」, ウインカーネリアンは、今回初コンビの田辺が手綱を取ってWコースで併せ馬。シャドウセッション(4歳2勝クラス)を3馬身追走して、余力たっぷりに馬なりで併入に持ち込んだ。, 「最後だけ併せるのは予定通り。カイバをよく食べているし、体調は凄くいい。相手は凄いのがいっぱいいるけど、中山は比較的相性がいいし、うまく流れに乗れれば」, ガロアクリークの1週前追い切りは、南ウッドで5ハロンから66・7―37・6―12・2秒を馬なりで計時。直線は先行馬を楽々と抜き去る上々の伸びだった。前走時(スプリングS=1着)の好気配を保っている。, 「1週前はジョッキー(ヒューイットソン)騎乗でしっかりやりました。乗った当人も好感触をつかんでくれた。前走の馬体減は絞れたもので追い切り後も元気いっぱい。相手は強くなるが中山は走り慣れている。コース適性は高いよ」, ガロアクリークは、ヒューイットソンを背に南ウッドで併せ馬。2馬身追走から直線は内へ。最後まで馬なりながら抜群の集中力で先着した(5ハロン67・8―38・8―12・1秒)。, 「1週前にジョッキーが乗り、動きを絶賛してくれた。叩き3戦目で上向いたし、元気いっぱいです」, クリスタルブラックの1週前追い切りは、南ウッドで5ハロン64・8―37・2―12・3秒の好時計。大きく離れていた先行馬を、軽い仕掛けで1馬身抜き去った。, 「まだ反応や気持ちの乗りがもうひとつだが、あと1本で整いそう。体なんかは成熟しているとは言えないけど、前走時(京成杯=1着)より骨格などはしっかりしてきた。コンディションは心配ない。(課題のスタートについても)ゲート練習は積んでいる。GIで流れが違うかもしれないが、馬自身のレベルアップでレースの流れに乗れていいはず」, クリスタルブラックは吉田豊を背に、坂路2本目に4ハロン55・6―39・2―12・4秒。道中は僚馬と内外離れて進み、最後は馬体を併せて1馬身ほど先着。1週前(8日)は南ウッドで5ハロン64・8秒の好稽古を消化し、直前も馬なりとはいえ力強いアクション。仕上がりは万全に映る。, 「先週しっかりやって今日は予定通りの内容。あとはテンションですね。まだ馬が幼くて引っ張ると上へ上がるところがあるので今回は前半力ませないように運びたい。しまいの生きる展開になってくれれば」, 弥生賞覇者サトノフラッグの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンから3頭併せの内で最先着。63・5―36・0―12・4秒とA級時計を叩き出した。直線の追い比べではあっさり抜け出す抜群の伸び。さらなる上昇ムード漂う。, 「一戦ごとに心身が充実し、前走の弥生賞は力でねじ伏せる強い内容でした。中間は在厩で順調に乗り込んで1週前は迫力ある動きを見せていた。強敵相手にどこまでやれるか楽しみ」, 弥生賞Vから駒を進めるサトノフラッグは、南の角馬場経由で坂路を軽く1本駆け上がり、翌日の最終追い切りに備えた。, 「日曜(12日)も坂路で15―15を乗ったし、ここまでは在厩調整で順調にこれている。レースを使うごとに馬に雰囲気が出てきたし、着実に成長しているね。明日(15日)も(ルメールの代わりに)ライル(ヒューイットソン)が乗って追い切るが、先週しっかりやっているからサッとでいいかな」, サトノフラッグは、ヒューイットソン(レースはルメールが騎乗)を背に南ウッドで併せ馬。3馬身先行するレッドローゼス(古馬オープン)を目標に5ハロン標からゆったりと進み、内に潜った直線は馬なりながらもシャープな反応。余力十分の併入で一戦ごとの充実をアピールした(5ハロン65・7―37・0―12・5秒)。陣営も確かな成長を感じ取った様子で、好勝負を誓った。, 「先週しっかりやったので今日は手応えを確認する形。フットワークも落ち着きも望んだ通り。前走(弥生賞ディープインパクト記念=1着)のダメージもなく、いい方向に向かっていますね。(GI馬2頭を筆頭に強敵揃いだが)大きな舞台となれば当然、素晴らしい馬が集まる。そういう馬と競馬ができるのが楽しみ。ルメールさんにはアーモンドアイで随分信頼してもらったので同じような気持ちで乗ってもらいたい」, 朝日杯FS制覇以来となるサリオスは、坂路を軽めキャンターで駆け上がった。まだ腹回りに余裕があった2歳時と比べ、明らかにスッキリとした体形に変貌。最大のライバルとなるコントレイルと同じくぶっつけ本番となるが、成長度では勝るとも劣らない。ゆったりとした動作から、距離延長もむしろプラスに働きそうだ。, 「7日の計量で558キロ。息遣いは良好で心肺機能も落ちていません。徐々に本来の行きっぷりも戻ってきました。操縦性が高くて平常心でレースに臨めるので、ペースの緩急にも対応できるのがこの馬のストロングポイントです」, 朝日杯FS覇者サリオスは、美浦ウッドの3頭併せで追い切られた。石橋騎手(レースはレーンを予定)を背に外カフェキング(未勝利)、中ストロングレヴィル(古馬2勝クラス)を追走し、楽な手応えで併入。朝日杯FSから直行というローテになるが、態勢は万全だ。, 「1週前追い切りを先週木曜にやった後に少し回復に時間がかかるところがあったので、今日、水曜にやる形になりました。最終追い切りから競馬までの時間を長くとりたいということです。馬の状態を最優先に、総合的に判断しています。(動きについては)幾分、朝日杯の前と比べると、のんびりしたところがあったので、気持ちのスイッチを入れたかった。狙いどおり、直線の反応は良かったですし、いい追い切りができたと思います。息の入りや心肺機能は常にモニタリングしているが、いい状態で競馬へ迎えます。一競馬ファンとして、今年の皐月賞は楽しみにしています。サリオスも全3走を強い内容で勝ってくれているし、能力を発揮できれば勝機はあると思っています。コントレイルの他にもサトノフラッグだったり、ガロアクリークだったり、強い馬がいると思うので、コントレイルだけが敵だとは考えていません。ライアン・ムーア騎手が、非常に操縦性が高いとおっしゃっていました。距離延長やコース替わりでパフォーマンスを落とすとは考えづらいです。(レーン騎手への期待は)こういう大変な状況のなかできてくれることもあるし、デビュー戦でも乗ってくださっている。今回の騎乗をすごい楽しみにしてくれているので、それに応えられるように厩舎としては一番いい状態で競馬に向かえるようにと思っています。もちろん、期待は非常に大きいです」, ダーリントンホールの1週前追い切りは、南ウッド6ハロンから先行先着で84・8―39・4―12・6秒。時計は平凡だが、大きくて軽さ満点のフットワークで仕上がりは上々。前走時(共同通信杯=1着)から成長が感じられる。, 「先週よりも毛ヅヤが良くなり動きの質も上がっています。道中でコントロールが利けば速い脚を使える馬。まだ成長の余地はありますが、当週までにさらに状態を上げていきたい」, ダーリントンホールは、南ウッド3頭併せでラストはしっかりと追われて1馬身先着。フットワークは豪快でここにきて反応面も良化してきた(5ハロン68・8―38・4―11・8秒)。, 「今朝はハードな調教を課したが、馬はしっかりと応えてくれた。本来の状態が戻ってきたのでここでも期待している」, ビターエンダーは、津村を背に南ウッドで併せ馬。大きく先行したとはいえ、直線では内から追いすがる古馬オープンに1馬身差をつけた(5ハロン67・8―38・7―12・3秒)。, 「前走(共同通信杯=2着)後はここ目標の仕上げ。ソエが固まって以前より良くなっている。今ならこの舞台でも楽しみ」, ブラックホールの1週前追い切りは、坂路で僚馬を追走して4ハロン50・5―37・1―12・6秒(一杯)の好時計をマーク。脚色は見劣ったが、ひと追いごとに反応は良化。前回(弥生賞=4着)以上の状態で臨めそう。, 「前走はためる形で内容は悪くなかった。やはり位置を取りに行くよりはじっくり運ぶほうが良さそうだね。状態は前走以上。坂路中心の調整に変えたことがいいほうに出てくれれば」, 弥生賞の4着馬ブラックホールは、意欲的に坂路を2本。順調な仕上がりをアピールした。, 「1週前は坂路で(4ハロン)50・5秒の好時計。乗った(石川)ユキトも好感触だったし、カイバをしっかり食べている分、バリバリやれている。金、土曜が予報では雨模様なので、できれば雨が残ってタフな馬場になってほしいね」, ブラックホールは、坂路2本目に4ハロン54・1―12・4秒。ゴール前で一杯に追われ、先行していた3歳1勝クラスと併入した。, 「先週しっかりやっているのでしまい重点。動きは良かった。いい根性があるので道悪になっても苦にしないと思う」. 皐月賞 2020年 レース回顧(3歳g1 中山競馬 芝2000m) ... エリザベス女王杯2020【結果】|レース後コメント... これから走る血統 ~ デアリングタクト、対極のポジ... 東海S 2020 予想 – 砂を被ると... クイーン賞2020【予想】|過去の船橋競馬のデータ... 藤田菜七子騎手【なぜ落馬したのか?】そ … 馬だ!!」 「四神の御心、 その2つ の. ‚ª‚É‘ŠŽè‚à‹­‚©‚Á‚½v‚ƃ‰ƒCƒoƒ‹‚ðÌ‚¦‚‚Au‹——£‚ª‰„‚Ñ‚Ä‚à‘åä•vv‚ƃRƒ“ƒgƒŒƒCƒ‹‚̏«—ˆ«‚ðŒê‚éBŠm‚©‚ɁA–³”s‚Ì‚Ü‚Ü‘æ“ñŠ¥E“ú–{ƒ_[ƒr[‚܂ŋ삯”²‚¯‚邱‚Æ‚à–²‚Å‚Í‚È‚¢‚ÆŽv‚킹‚éA—Í‹­‚¢Ÿ—˜‚Å‚ ‚Á‚½B. 107%~1350%で無料公開予想的中! ... 今週、予想するレースは『ジャパンカップ2020』です。 GI9勝目を狙うアーモンドアイが中心となるメンツですが. 2020/結果】 5着迄の馬に『オークス(G1)』への『優先出走権』が与えられる。『第80回. 皐月賞2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年の皐月賞の着順は1着:コントレイル、2着:サリオス、3着:ガロアクリークとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧くださ … 2020年皐月賞 コントレイル、サリオス、サトノフラッグの全レースの騎手コメント 2020.04.14 2020.04.17 2020年函館記念 前走後の騎手コメントより勝ち馬を探す 菊花賞2020 - レース後コメント(騎手/厩舎) 「思っていた以上に接戦になった。相手の脚もよかったのでなんとかしのいでくれと思っていたが、馬が頑張ってくれた。改めて凄い馬だと思った。いいスタートを切ってくれたが、折り合い面でうまくリラックスさせることができなかった。2 翔太 が登場する。 「四神が導く、春の祭典。 皐月賞を 制するのはどの. 秋華賞 2020 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】 2020年10月18日 19:30 【秋華賞. 桜花賞・G1』 が、2020年.4月12日(日曜日)に、阪神競馬場.芝1600m.で行われました。 1着馬は、2番人気デアリングタ … 2015年 第75回皐月賞 レース後のコメント. 2020-04-19 15:57. 天皇賞秋・G1』 が、2020年.11月1日(日曜日)に、東京競馬場.芝2000m.で行われました。 1着馬は、1番人気アーモンドアイ(C.ルメール騎手)。史上初となる芝G1・8勝目を … ロング版【第80回皐月賞G1】レース結果 コントレイル 福永祐一 2020/04/19 【プロ競馬予想TV】毎日競馬 JRA Japan Horse Racing Satsuki Prize JRA - Duration: 27:10. 弥生賞ディープインパクト記念 2020 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】 投稿日: 2020年3月8日 【弥生賞ディープ記念. 【皐月賞. 2020/結果】 『第162回. 2020 皐月賞 (ユーチューブより) 四神から受け継ぐ、未来への. Copyright © Japan Racing Association All rights reserved. 2020年4月19日 中山11r 皐月賞(g1)の結果・払戻です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 予言。 煙の中から、美少年 荒 神. 2020】 【レース.後】 【騎手・調教師・コメント】 1着.コントレイル(福永祐一騎手) 「思っていたレースとは違いましたが、馬も強かったし、走り方がどんどん良くなってきたので、ああいう脚も使えるようになってきました。 今回は牡馬クラシックの一発目!日曜の中山メインレース「皐月賞(G1)」の最終予想記事になります . 皐月賞は2020年4月19日に中山競馬場で行われる3歳クラシックの第一戦。皐月賞は2020年で第80回を迎え、昨年はサートゥルナーリアが制した。皐月賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。 www.keibanomiryoku.com. 中山11rの皐月賞(3歳gi・芝2000m)は、3番人気ドゥラメンテ(m.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒2。1馬身半差の2着に2番人気リアルスティールが、2馬身半差の3着に4番人気キタサンブラックがそれぞれ入線。 ドゥラ... 2015.04.19. 2020/結果】 優勝馬に『天皇賞(秋)への優先出走権』が与えられる。『第66回. 1: 2020/12/06(日) 22:46:24.21 ID:Kl2zO/Ee0 身体かメンタル逝かれた出走馬たち モズベッロ サートゥルナーリア メイショウテンゲン トーセンスーリア トーセンカンビーナ レッドジェニアル ダンビュライト スティッフィリオ ワグネリアン アドマイヤアルバ ブラストワンピース 16 . 2020/結果】 3着迄の馬に『皐月賞』への『優先出走権』が与えられる。『第57回. 天皇賞秋 2020 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】 2020年11月01日 20:00 【天皇賞秋. 1 2020】 【注目馬】 【追い切り後/調教師コメント】 【3回中山.8日目】 【2020年/4月19日(日曜日)】 【第80回.皐月賞/ G1】 【3歳/定量/芝2000m】 『皐月賞. 第80回皐月賞に出走予定の有力馬と言えば3戦3勝のコントレイル、サリオスと3連勝中のサトノフラッグでしょう。おそらくこの3頭が3強と言ってもいいでしょう。そこで、この3頭の全レースの騎手コメントを見てみたいと思います。コントレイル ベストパ 皐月賞、東京優駿、菊花賞、天皇賞春&秋 . 2020』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 『皐月賞』とは、ダービー 2020年 重賞レース一覧 皐月賞. No.1競馬サイト「netkeiba.com」が皐月賞(G1)2020年4月19日中山の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! 【皐月賞. 2020/結果】 『第162回. 第80回 皐月賞 . レース後のコメント. キングスポーツが3連単4万馬券を的中した先週のG1【桜花賞】後の回顧において、以下のようなことを記した。 もちろん、引き続き今週も、皆が同じようなことを思っていたに違いない。 閉塞感を打ち破ってほしい! 前日(土)の売り上げが非常に伸びたようだが、ファンの競馬に対する思いが表れたのかもしれない。 そんな中で迎えた【皐月賞】。 私たちの目の前で繰り広げられたレースは【桜花賞】に匹敵する、いやそれ以上の熱いレースだった。 G1馬2頭が直線でしのぎを削るという歴史的なマ… 展開的には前走は逃げて好走のキメラヴェリテが出たなりにハナを取ってきそうで、そこに続くのがコルテジアorウインカーネリアン辺りでしょう。キメラヴェリテの前走が前半1000mを59.9秒 … 『怪奇!単複男』へ御訪問頂きありがとうございます。 天皇賞秋 2020 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】 投稿日: 2020年11月1日 【天皇賞秋. íÑEŠl“¾Ü‹à‚Í2020”NŽHŒŽÜiGⅠjI—¹Žž“_, 12.2 - 11.3 - 12.1 - 11.8 - 12.4 - 12.9 - 12.2 - 11.9 - 11.8 - 12.1. 2020】 【レース.後】 【騎手・調教師・コメント】 1着.コントレイル(福永祐一騎手) 「思っていたレースとは違いましたが、馬も強かったし、走り方がどんどん良くなってきたので、ああいう脚も使えるようになってきました。 桜花賞 2020 結果【レース後/騎手コメント】【全馬掲載】 2020年04月12日 20:00 【桜花賞.