加藤陽子の『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』。中高生向けに語られた日本近現代史の話題作の何が問題なのだろう。簡単に、率直に言えば、それが侵略戦争であるという歴史認識が欠落している点 … それでも、日本人は「戦争」を選んだ page nav. それでも、日本人は「戦争」を選んだ - 加藤陽子/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。 加藤陽子 『それでも,日本人は「戦争」を選んだ』 (朝日出版社) 第1回 本書は東京大学の加藤陽子教授が,栄光学園の生徒を対象として 2007 年の年末から翌年のお正月にかけて行われた5回の講義に基づいて執筆されたものである。 それでも、日本人は「戦争」を選んだ - 加藤陽子(日本近代史) - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 それでも日本人は「戦争を選んだ」 ¥ 1,010 加藤陽子 、朝日出版社 、2010年6月刊 、B6判、414頁 、1冊 「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」 加藤陽子 定価: ¥ 880 #加藤陽子 #本 #book #文庫 #文学 #小説 日清戦争から太平洋戦争まで多大な犠牲を払い列強に挑んだ日本。開戦の論理を繰り返し正当化したものは何か。白熱の近現代史講義。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 評者が本書のタイトルを見て購入ボタンを押した時点で期待していたのは、日本の大衆が無謀な戦争(太平洋戦争)へと突き進んだ事実についての集団心理ないしは社会心理学的な側面からの検証だったのだが、それについては全くの期待外れだった。, 文中最後のあたりにあった、戦争を反省したドイツと、反省しなかった日本。今からでも遅くはないので、一度くらいは、戦争を始めた原因、作戦判断などを考えて欲しい。特に会社勤めをしていると、すぐにわかると思う。この本は、高校生にレクチャーした形式をとっているため、とても分かりやすく書かれている。この本を読んでから、「失敗の本質」を読むと、より分かりやすかったと感じた。, 春秋に義戦無し、茶の間の正義、変痴気論、毒言独語、猫なで声、一言で言え、恥を知れ恥を、等々、, 薦められるままに読んだが、司馬遼太郎とは、また違う、その先にある、深い近代史。日露戦争後の軍部の愚行、しかし、その中でも懸命に生き抜く人々、心ある指導者がいた。, 戦争まで突入した流れが、とてもわかりやすく書かれています。歴史の授業をする前にちょこっと読むだけで、導入の工夫を考えることができます。, 私は日本人は頭悪くはないと思っているのですが、なんで、日本人の集英を集めた日本軍があの無謀な太平洋戦争を始めたのか理解できなくて、この本を読みました。, 面白かったですがタイトルはミスリードです。あくまで日清戦争から太平洋戦争までの通史です。通史としては一次史料、データに基に分かりやすく説明されてます。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 膨大な犠牲と反省を重ねながら、明治以来、四つの対外戦争を戦った日本。指導者、軍人、官僚、そして一般市民はそれぞれに国家の未来を思いなお参戦やむなしの判断を下した。その論理を支えたものは何だったのか。鋭い質疑応答と縦横無尽に繰り出す史料が行き交う中高生への5日間の集中講義を通して、過去の戦争を現実の緊張感のなかで生き、考える日本近現代史。小林秀雄賞受賞。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 書籍紹介ページ. 朝日出版社. 「それでも、日本人は「戦争」を選んだ」 加藤陽子 定価: ¥ 1,870 #加藤陽子 #本 #book #ノンフィクション #教養 普通のよき日本人が、世界最高の頭脳たちが、「もう戦争しかない」と思ったのはなぜか?高校生に語る-日本近現代史の最前線。 出版社url. その中の加藤陽子氏の著作である、『それでも日本人は「戦争」を選んだ』に興味を抱き、読んでみたいと思いました。2009年発行になているので20年前に書かれ、小林秀雄賞を受賞しています。 スポン … 【電子書籍を読むならbook☆walker(ブックウォーカー)試し読み無料!】かつて、普通のよき日本人が「もう戦争しかない」と思った。世界最高の頭脳たちが「やむなし」と決断した。世界を絶望の淵に追いやりながら、戦争はきまじめともいうべき相貌をたたえて起こり続けた。 Amazonで加藤 陽子のそれでも、日本人は「戦争」を選んだ。アマゾンならポイント還元本が多数。加藤 陽子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またそれでも、日本人は「戦争」を選んだもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 それでも、日本人は「戦争」を選んだ - 加藤 陽子 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 【中古】 それでも、日本人は「戦争」を選んだ / 加藤 陽子 / 新潮社 [文庫]【メール便送料無料】【あす楽対応】 0.00 (0件) 商品詳細 紙の本. 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 評者が本書のタイトルを見て購入ボタンを押した時点で期待していたのは、日本の大衆が無謀な戦争(太平洋戦争)へと突き進んだ事実についての集団心理ないしは社会心理学的な側面からの検証だったのだが、それについては全くの期待外れだった。, 文中最後のあたりにあった、戦争を反省したドイツと、反省しなかった日本。今からでも遅くはないので、一度くらいは、戦争を始めた原因、作戦判断などを考えて欲しい。特に会社勤めをしていると、すぐにわかると思う。この本は、高校生にレクチャーした形式をとっているため、とても分かりやすく書かれている。この本を読んでから、「失敗の本質」を読むと、より分かりやすかったと感じた。, 春秋に義戦無し、茶の間の正義、変痴気論、毒言独語、猫なで声、一言で言え、恥を知れ恥を、等々、, 薦められるままに読んだが、司馬遼太郎とは、また違う、その先にある、深い近代史。日露戦争後の軍部の愚行、しかし、その中でも懸命に生き抜く人々、心ある指導者がいた。, 戦争まで突入した流れが、とてもわかりやすく書かれています。歴史の授業をする前にちょこっと読むだけで、導入の工夫を考えることができます。, 私は日本人は頭悪くはないと思っているのですが、なんで、日本人の集英を集めた日本軍があの無謀な太平洋戦争を始めたのか理解できなくて、この本を読みました。, 面白かったですがタイトルはミスリードです。あくまで日清戦争から太平洋戦争までの通史です。通史としては一次史料、データに基に分かりやすく説明されてます。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 普通のよき日本人が、世界最高の頭脳たちが、「もう戦争しかない」と思ったのはなぜか?高校生に語る―日本近現代史の最前線。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 Amazonで陽子, 加藤のそれでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。陽子, 加藤作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またそれでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 加藤 陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。 2009年に単行本として朝日出版社から刊行され、大いに注目を集めた。10年には小林秀雄賞を受賞。16年には新潮文庫に入り、ロングセラーとなっている。 とにかくタイトルがうまい。「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」――戦後「一億総ざんげ」をすることになった日本国民は、なぜ無 … それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫) 著者 加藤陽子 (著) 【小林秀雄賞(第9回)】普通のよき日本人が、世界最高の頭脳たちが、「もう戦争しかない」と思ったのはなぜ … それでも、日本人は「戦争」を選んだ。 歴史的な問いに、100点満点の答えがないのは当たり前のことで、この本を読んで、その問いにシンプルな答えを得られるということでは、無論、ない。 それでも、日本人は「戦争」を選んだ ... 9784255004853. 加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)だ。 加藤陽子さんは東大文学部教授、日本近現代史、とくに大恐慌後の経済危機と戦争の時代、1930年代の外交と軍事が専門という。 加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 指導者層からみた戦争史 高校生を相手に、歴史学者の加藤陽子が近現代の日本の戦争史を講義するというスタイルで書かれている。 それでも、日本人は「戦争」を選んだ/加藤 陽子(児童書・絵本) - 【小林秀雄賞(第9回)】普通のよき日本人が、世界最高の頭脳たちが、「もう戦争しかない」と思ったのはなぜか? 日清戦争から太平洋戦争まで、戦争...紙の本の購入はhontoで。 犠牲と反省を重ねてなお、誰もが「戦争やむなし」と考えたのか。画期的近現代史講義!… Pontaポイント使えます! | それでも、日本人は「戦争」を選んだ 新潮文庫 | 加藤陽子 | 発売国:日本 | 書籍 | 9784101204963 | HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です! それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫) 810円 Amazon 同著者の『戦争の近現代史』が大変面白かったので出… ... それでも、日本人は「戦争」を選んだ 加藤陽子 著 定価: 1,870円(本体1,700円+税) ... かつて、普通のよき日本人が「もう戦争しかない」と思った。 加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』 指導者層からみた戦争史 刺激的なタイトルの本で、この前朝日新聞の広告をみたら12万部とあったので、売れているのだろう。 2010(平成22)年『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』で小林秀雄賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。 こんにちは。東京大学で教鞭を執る歴史学者、加藤陽子先生をご存知でしょうか。彼女のご専門は日本近現代史で、複雑な当時の歴史を柔軟に紐解く分かりやすさに定評があります。一般の方向けの著作が何冊かありますが、その中でも読みやすい『それでも、日本人 出版社. 高校生に向けての講義という形式で、日清戦争からアジア・太平洋戦争に至るまでの歴史的な流れを概括する一冊。 それでも、日本人は「戦争」を選んだ 加藤 陽子(著/文) - 新潮社 膨大な犠牲と反省を残しながら、明治以来、四つの対外戦争を戦った日本。