私たちの日常には仏様の教えに由来する言葉が沢山あります。小難しく感じる仏教用語でも、意外な由来を知ると親しみを持て、仏教の魅力に触れて頂けると思います。 ざっくり納得 法華経のすべて. を作成いたしました。仏教の簡単な歴史をはじめ、宗派系統図、キーワー ドなどを付した小冊子です。本ガイドブックは、当初、書店の仏教書販売 担当者用に作成いたしましたので、読者の皆様からみますと不備の点もあ ることとは思いますが、すこしでも読書の一助になればとの思いです。 実は仏教では、宗派によって死後どこに行くか、答えが違うのである。 まず、禅宗。その答えは、人間死んだらどうなるか?死後の世界はあるのか?その答えは「いっさい考えるな」である。この考えは、仏教の基本的考えである。釈尊は、弟子から死後の世界の有無を問われたとき、口をつ� 仏陀(ブッダ)自身は著作を残しませんでした。 仏陀(ブッダ)入滅後、阿闍世王はその教えが誤りのないようにするため、弟子たちが大集結して、仏陀(ブッダ)の言動や教団の戒律などを書き残しておこうと考え、そのような会を持ちました。 これを第一結集といいます。 仏教も「七日」が生死の節目の数①死後の旅 キリスト教では世界がつくられていく過程が「七日」だったことから 一週間がカレンダーの基本になってますが、 前回、唯物論のように死後を認めないのは、 仏教では、原因があれば必ず結果を生じる 因果の道理によって間違いだと教えられていることを お話ししました。 では、仏教でも、死後も変わらずに続いて行く 霊魂の存在を認めるのでしょ … ̐ E @ Ñ C h ł́A l Ԃ̑̂̒ ɂ 64 ́i } } j A 1 ̔ q ɐؒf ƌ ɂ݂ A l Ԃ͎ ʂƎv Ă B ̃} } ̉ ʂ u v ł B l Ԃ̎ ɍۂ u f v ƌ 悤 ɂȂ ܂ B @ 仏教 死後、生前の行い(業)に応じて生まれ変わる ; キリスト教には、大きく分けると 天国と地獄 があり、死ぬとキリストを信じているかどうかでどちらかに振り分けられます。 ただし、これは仮で、この世の終わりにキリストが地上に再臨された後に、”最後の審判”が行われるのです。 こ� 死後七日ごとに四十九日まで行う忌日法要(きびほうよう)と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要(ねんきほうよう)です。 仏教では、死後七週間はまだ故人があの世とこの世の間をさまよっているとされています。 仏教用語のひとつで、死後から次の生を受けるまでの期間のことを指します。 死後、故人が極楽浄土へ行けるように7日毎に追善供養して冥福を祈りますが、7回目の49日は来世の行先が決まるもっとも重要な日とされています。 「忌」の意味. 亡くなった人は、それまで着ていた服から仏衣へと着替え、旅支度をして来世へと向かいます。ではなぜ、普段の衣装ではなく、旅立ちのための装束が必要なのでしょうか? それは仏教の教えに基づいています。この回では仏衣の種類とそれぞれの意味、さらには死化粧についてもご説明します。 初めて六道輪廻図を見たのはネパールを一ヶ月間旅をして仏教の聖地ボダナートのチベット寺院に立ち寄った時の事だった。 日本の厳かなお寺にはない華美といっていい程、ハイカラ極まりないチベット寺院(ゴンパ)の壁画を見てみると四天王図と一緒に何だか曼 仏陀最後の旅と死に至る姿が述された経典として、「大パリニッバーナ経(パーリ語)」があります。 仏陀最後の旅における「教えとは何か」を人間の姿での足跡と死に至る姿をみていくことにしましょう。 その中で、死に向かう心構えなりが見つけ出せればと思います。 人間は死後、あの世へ行くと言われています。ですが、実際に死後の世界とはどんなところなのでしょうか?仏教では死後の世界について大変詳しい伝説や伝承が残っています。仏教での死後にまつわる伝承について調べましたので、解説します。 sallyyehさん、死後の世界がどんななのかはわかりませんが、わたしは死後の世界はあると思います。そして、少なくとも、例えば仏教のお彼岸やお盆といった特別な時には、亡くなった人の魂はこちらの世界に帰って来ていると思うんです。他の宗教でも同様です。 人は亡くなったらどうなるか、正解を知っている人はいません。ただ死後の世界があるかもしれないというのは、漫画やドラマ、小説などでよく見かけます。実は、仏式葬儀や法要にもゆかりの深いものです。今回は日本人になじみのある、仏教の死後の世界にズームインします。 釈迦の死後数百年で部派仏教 が ... 「仏教」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの辞書項目: ウィキブックスの教科書や解説書: ウィキクォートの引用句集: ウィキソースの原文: コモンズでメディア(カテゴリ) ウィキニュースのニュース: ウィキバーシティの学習支援: ウィキデ� 「死後の世界」ですね。 「亡くなった後の世界」。 で、最初に結論をいいますが、「あの世・死後の世界」については、実はお釈迦さまが初めて解き明かしたものだったりします。 ええ。 今から2500年前ですね。 仏教が解き明かしたものです。 旅です。 まずは、その小さな池から外へ出ましょう。 うちのお寺に遊びに来てくれても構いません。 まずネガティブ思考の無限ループという輪廻をこそ抜け出してみませんか。 ゲタツ。 解脱。 解脱へのヒントを残しておきます。 「人はいつでも解脱している」 「人は死ぬことができない」