アウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウの正門(死の門)。当時この建物では、人体実験や倉庫などとして使用していました。どれだけのユダヤ人たちがここに、強制的に連れてこられたかと思うと言葉が出ません。またその雰囲気が漂う何とも言えないたたずまいがあります View the list of all donors. 百数十万人ものユダヤ人が犠牲になったアウシュビッツ強制収容所のガス室と様子を画像・写真で徹底解説します。当記事にはショックな画像も含まれているので、記事の後半・赤の印が付いている場所以降は、苦手な方はページを閉じる事をお勧めします。 縫製作業場で強制労働に従事するユダヤ人女性たち。 縫製作業場で強制労働に従事するユダヤ人女性たち。 1940年〜1944年、ポーランド、ウッチゲットー。 拡大して表示 Washington, DC 20024-2126 展示写真・死体の山の若い女性 館内にある収容者用三段ベッド 連合軍(旧ソ連軍)に解放された直後の「運良く生き延びた収容者」たち (館内展示写真) 旧ソ連軍は「解放」された後もしばらくは「西側連合国」に当地を公開しなかったといわれる アウシュビッツ強制収容所は「負の遺産」と呼ばれ、ナチスによりユダヤ人の大量虐殺された場所です。わたしは「もっと、この国で起きた歴史のこと、強制収容所での暮らしを知りたい。」「戦争を繰り返してはならないように、人種差別による虐殺という悲劇を繰り返してはならない。 work to create content and resources for the Holocaust Encyclopedia. Main telephone: 202.488.0400 2012年11月8日、ポーランド南部オシフィエンチム市郊外にあるアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に行って来ました。ここには年間約1万人の日本人が訪れるそ… 第二次世界大戦の最も凄惨な虐殺の舞台となったアウシュビッツ。そこには、女性や子どもも収容されていました。そこではどのような悲劇が起きていたのか?この記事では人として知っておくべきアウシュビッツの内情や、ガス室や強制収容の実態について詳しく解説します。 Click here to request Getty Images Premium Access through IBM Creative Design Services. This repository is populated with tens of thousands of assets and should be your first stop for asset selection. 11歳のアンネ・フランク。隠れ家に行く2年前の写真。 1940年、オランダ、アムステルダム。, 精神分裂病と診断され、真偽が証明されないまま不妊手術を受けさせられた店員、ゲルダ・D。 後にゲルダは、不妊手術を理由にナチス当局から結婚を禁止されました。 写真撮影の場所と日付は不詳。, 精神分裂病と診断された16歳の家政婦、エミー・G.の写真。 エミーは不妊手術を受けた後、メゼリッツ・オブラヴァルト安楽死施設に送られ、1942年12月7月、トランキライザーの過剰投与で殺害されました。写真撮影の場所と日付は不詳。, 縫製作業場で強制労働に従事するユダヤ人女性たち。 1940年〜1944年、ポーランド、ウッチゲットー。, ブランカは、ポーランドのウッチに住む、絆の強い家族のたった1人の子供でした。 彼女の父親は1937年に亡くなりました。ドイツ軍によるポーランド侵攻後、ブランカと母親は移動できない祖母と共にウッチに残りました。 他の親類と一緒に、彼女たちは1940年にウッチのゲットーに強制移送され、ブランカはパン屋で働きました。 後になって彼女と母親はウッチのゲットーの病院で働きました。1944年の後半までそこに残っていましたが、ドイツのラーフェンスブリュック強制収容所に移送されました。 2人は次にラーフェンスブリュックからザクセンハウゼンの補助収容所に送られました。 ブランカは飛行機工場のアラド・ヴェルケで強制労働に従事しました。 母親は別の収容所に送られました。 1945年の春、ソ連軍によってブランカは解放されました。彼女は空き家に住んでいましたが、ウッチに戻りました。 彼女はそこで親戚も母親も誰も生き残っていないことを知りました。 ブランカは西に向けてベルリンに移り最終的に難民キャンプに住み、1947年に米国に移住しました。, 収容所の石切り場で石を積んだトロッコを引く女性囚人たち。 1944年、ポーランド、プワシュフ収容所。, 没収された布を選別する強制労働のために捕らえられたユダヤ人女性たち。 ポーランド、ウッチゲットー、日付不明。, ラーフェンスブリュックを含むいくつかの強制収容所に4年間監禁されたエホバの証人の信者、ヒルデガード・カサロー。 ドイツ、日付不明。, アウシュビッツに収容されたアラ・ガートナーの戦前の写真。 収容所のレジスタンス活動に参加し、アウシュビッツの第4火葬場を爆破した火薬を密かに持ち込んだかどで絞首刑に処せられました。 1930年代、ポーランド、ベンジン。, ユダヤ人落下傘部隊員ハンナ・セネシュ、農業共同体であるキブツ・スドット・ヤムにて。 1941年、パレスチナ。, 救出作戦の出発前に兄と語らうユダヤ人落下傘部隊員ハンナ・セネシュ。 1944年3月、パレスチナ。, ビャウィストクゲットーの地下活動の組織者の1人で、ゲットー蜂起の参加者でもあったハイカ・グロスマン。 1945年、ポーランド。. 1930年頃、第一次世界大戦の敗戦によって連合国から巨額の賠償金を請求されていたドイツは経済が崩壊し、パン1個がおよそ1兆マルクという未曾有のインフレーションが発生していました。 そこへさらに世界恐慌が追い打ちをかけ、ドイツの企業は次々と破産。失業率も40%を超えるなど、経済は混乱を極めました。 そんな1933年に政権を掌握したのが、アドルフ・ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(通称ナチス)でした … The arrival of Hungarian Jews in Auschwitz-Birkenau, in German-occupied Poland, June 1944. ボードは、写真や映像の保存に便利なツールです。まとめる、選ぶ、コメントするなど、素材の管理を効率的に行えます。, {{collectionsDisplayName(searchView.appliedFilters)}}, {{searchText.groupByEventToggleImages()}}, {{searchText.groupByEventToggleEvents()}}, © 2020 ゲッティイメージズ。Getty Imagesのデザインはゲッティイメージズの商標です。, CM・企業VP等、広告/販促映像プロダクションの方はこちら 0120-369-899, グラフィック広告/デザイン等、その他のお問い合わせはこちら 0120-369-299, {{familyColorButtonText(colorFamily.name)}}, {{carousel.total_number_of_results}}件の検索結果を見る. 100 Raoul Wallenberg Place, SW 旅行から帰ってきたので、ようやく更新できます。 アウシュビッツの写真を、ガイドさんから伺った情報とlebebeが個人的に調べた内容と共にアップします。 この施設群は「アウシュヴィッツ第三強制収容所モノヴィッツ」 とも呼ばれる。 1942年1月25日 - ヒトラーは、ドイツ国内のユダヤ人強制労働者(男性10万人・女性5万人)のアウシュヴィッツ移送を命令。 1943年1 - 3月 - 105,000人を超えるユダヤ人が到着。 The IBM strategic repository for digital assets such as images and videos is located at dam.ibm.com. 以下では、NHKBS2の「死の国の旋律~アウシュビッツと音楽家たち」を見た感想と概要を2009年3月に青山貞一氏とポーランド各地の強制収容所を現地視察したときに撮影した写真を織り交ぜ執筆してみた。 We would like to thank The Crown and Goodman Family and the Abe and Ida Cooper Foundation for supporting the ongoing アウシュヴィッツ - アウシュビッツ ストックフォトと画像 Military Physician Of The Red Army Examines A Surviving Deportee On January 27Th 1945. 堀潤さん(以下堀):『サウルの息子』を事前に拝見し、監督にもインタビューをさせていただきました。監督はとにかく淡々と事実を描き切る、戦争を題材した映画にはいわゆるヒロイズムは必要ないと語っていらっしゃいました。 戦後70年、71年目を迎えます。当時の記憶が風化していくなか、まだ明らかになっていない、歴史の扉の奥底にしまわれてしまう事実もあるわけです。僕は、去年、一昨年と戦争証言を聞き、アー … ミサイルの発射がたえず、一触触発な関係を保っている北朝鮮。そ北朝鮮にはいまだにアウシュビッツのような強制収容所がありそこでは女性や子供に対して凄惨な拷問が行われているといいます。今回は北朝鮮強制収容所の女性や子供にたいする拷問について、実態に迫ります。 ヒトラー率いるナチス・ドイツで行われた人体実験と、ヒトラーを盲信するメンゲレについてまとめました。メンゲレの行った人体実験の被験者には、女性や子どもも含まれています。女性、子どもまでもを被験者に巻き込んだ凄惨な人体実験とは、どのようなものだったのでしょうか。 TTY: 202.488.0406, Holocaust Survivors and Victims Resource Center.